アコムマスターカードの審査は厳しい?

アコムマスターカードの審査は厳しい?緩い?

口コミイメージ

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

 

イベントによってはクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

 

そのため、アコムマスターカードを申し込んだ時に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

 

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

 

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると言われています。

 

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

 

アコムマスターカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を出していないのにどうやって収入を確認しているのかを調べてみました。

 

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

 

全国の企業ひとつひとつの年収の平均を把握しているはずがないので当然ですね。

 

そのため、どんな風に年収情報を見ているのかというと過去の利用者の中から申込者の働いている業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

 

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

 

例えば、家電量販店の30代後半くらいの年収を20代前半でもらっている場合などです。

 

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。

 

どういった場合かというとローンを組むことやアコムマスターカードを作ることが多いようです。

 

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんなことを聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

 

そもそも本当に在籍確認があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

 

約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

 

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

 

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

 

例えば、スピード審査をウリにしている会社は機械によるスコア審査がメインになるので低くなると考えられます。

 

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はアコムマスターカードを活用する方が多いのではないでしょうか。

 

ただ、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを作らないと利用ができません。

 

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

 

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や手軽にできるインターネットでの申し込みがあります。

 

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

 

結果がわかる期間は即日というところも多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

 

買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上にはアコムマスターカードは審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

 

結論から言うとアコムマスターカードは審査なしでカードは作れません。

 

基本的には申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

 

なぜ審査をするかというとカード会社からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

 

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

 

若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。

 

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

 

アコムマスターカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので審査に落ちてしまうと思い申し込んでいないという人もいるようです。

 

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も少なからずありそうです。

 

結果から言うと非正規雇用でも作ることはできます。

 

では、非正規雇用待遇でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

 

それは、申込者が年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報にトラブルが発生していないかが重要だとされています。

 

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けや30歳以上など設定されています。

 

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてアコムマスターカードを挙げる人が多いと聞きます。

 

なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

 

その理由としては、早いうちからクレカ決済をクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

 

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

 

逆にカード決済のトラブルが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

 

クレカの支払いだけでなく水道料金や最近多くなっている携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

 

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化し始め、クレジットカードが必要な場合が増えてきました。

 

現在、クレカを所持している方はいいのですが所持していない場合はカード会社に申し込んで発行する必要があります。

 

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査基準が厳しいのかということです。

 

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

 

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。