アコムの審査は緩い?即日融資方法と審査の流れ【24時間スマホ申込】

アコムの仮審査って何?申し込み方法と流れ【本審査に通るポイントは?】

「カードローンの申込み方法は?」「審査に通らなかったらどうしよう…」「審査に通るポイントは何?」などはじめてお金を借りる方は不安でいっぱいという方は、「はじめての~アコム♪」でお馴染みのアコムがおすすめです。アコムは、申込み前に借入可能かチェックできる3秒診断があります。結果はあくまで目安ですが、借入可能と診断されれば少しでも気持ちが楽になりますよね。また、初回利用の方を対象に30日間無利息サービスも行っていますので、すぐに返済できる方はお得に借入することができます。

 

アコムの仮審査って何?

アコムから融資を受けるためには審査に合格しなければいけませんが、本審査の前に仮審査に通らなければいけません。

仮審査は、コンピューターを利用して申込者の本人情報や勤務先情報、居住情報などの属性を数値化するスコアリングシステムという方法で行われます。

これはアコムに限らず、ほとんどのカードローン審査に導入されており、このスコアの合計点が審査基準以下であれば仮審査には通りません。

では仮審査について詳しく解説していきましょう。

 

アコムの3秒診断の申込み方法と流れは?

アコム公式サイトには、事前に融資可能かどうかを診断できる3秒診断という診断ツールが準備されています。

では3秒診断の申込み方法と流れについてみていきましょう。

まず、アコム公式サイトから3秒診断へ移動して下さい。

●年齢
●年収(総支給額)
●カードローン他社借入状況(銀行での借入を除く)

この3項目を入力し、診断開始ボタンを押すだけ。そうすればすぐに3秒診断結果が表示されます。

ここで「お借入できる可能性が高いです」と表示されれば、そのまま「今すぐお申込み」ボタンをクリックして申込みすることも可能となります。

簡易診断で判断がつかない場合、「お客さまのご入力情報では、お借入可能の判断ができませんでした」と表示されます。

入力間違いがない限り本審査に通る可能性は極めて低いですが、分からないことがあれば、アコムフリーダイヤルに電話をかけてみましょう。丁寧な対応で1つ1つ教えてくれますので、安心して利用でます。

3秒診断はあくまで「審査に通るかの目安」です。

「お借入できる可能性が高いです」と表示されても本審査で落ちてしまう可能性は十分あります。

ただし、「お客さまのご入力情報では、お借入可能の判断ができませんでした」と表示されれば審査に通る可能性はかなり低いですので、申込み前にはやはり事前に3秒診断をしてから申込みすることをおすすめします。

他社借入がある場合は3秒診断がおすすめ!

特に他社借入があり、審査に通るか心配という方はぜひ3秒診断を受けて下さい。

「目安」でも、仮審査が通らなければ本審査を受けてもほぼ通りませんので、申込みにかかる手間や時間の無駄にもなりません。

名前や住所を入力する必要もありませんので、おすすめですよ。

 

アコムは仮審査に通れば借りられる?

アコムの仮審査に通ればお金は借りられると思ってしまいがちですが、実際はそうではありません。

仮審査に通っても本審査に通らないという場合もあります。

仮審査とは、「本審査を受けるための資格」だと思って下さい。

仮審査では申込者が申告する年収や勤務先情報、居住情報などの属性と、信用情報機関に記録されている信用情報をもとにコンピューターで自動審査を行います。これによって、スコアリング(点数化)し、審査基準に達していれば仮審査が合格となるわけです。

無事仮審査に合格すればいよいよ本審査。

本審査では、申込者から提出された本人確認書類や収入証明書、信用機関に記録されている信用情報と申込み内容を照らし合わせて、申込み内容に不備などないかアコムの審査担当者が直接確認します。

ここで他社借入件数や借入額、年収など不一致があれば審査が厳しくなり、最悪審査に落とされてしまうのです。簡単に言えば、審査に通りたくてウソの申告をしても本審査ではバレるというわけです。

仮審査とは別に本審査に厳しい審査基準があるわけではありません。

仮審査で申告する申込み内容や書類がきちんと合っていればOKですので、ウソはもちろん、申告間違いなどにも十分注意しましょう。

 

アコムの審査の流れは?

アコムでは以下の流れで審査が行われていきます。

申込み

アコムの申込み方法は5つあります。

●インターネット
●店頭窓口
●自動契約機
●電話
●郵送

スムーズな申込み~審査~借入をするなら、インターネットで申込みし、審査に通ったら自動契約機で契約しましょう。そうすればその場でカード発行されるのでスムーズに借入ができます。

審査

申込み完了後は審査に移ります。

詳しい審査基準は公開されていませんが、アコムの申込み基準は「20歳以上で安定した収入を返済能力を有し、当社基準を満たす方」となっています。

ですので、学生や主婦の方でもアルバイトやパートで毎月安定した収入を得ている方は審査の対象となります。

審査では、申込み時に申告した申込み内容から申込者の年収や勤務先、勤務年数、雇用形態、居住形態、家族形態などの属性がチェックされます。

アコムではこれを総合的に判断するスコアリングシステムを導入しており、コンピューターを利用して申込者の属性審査を行います。

数値化して採点を行い、スコアの合計点が基準以上であれば審査に通ることができます。

この属性審査で少しでも有利になろうと年収や勤務年数、他社借入金などゴマかして申告する人もいるようですが、これは絶対にしてはいけません。

審査をすればウソの申告は簡単にバレてしまいます。申告内容にウソがあれば信用は低く評価され、最悪審査落ちしてしまうこともあります。

事実と異なる申告は審査では不利になることを必ず覚えておきましょう。

また、審査では申込者の信用情報が確認されます。

信用情報とはローンやクレジットカードの利用履歴のことで、契約・利用履歴・返済履歴など全て信用情報機関に記録されています。

この記録に、事故情報の記録があれば審査に通ることはできません。また、現在の借入件数や借入金額、申込み履歴なども全て分かりますので、すでに借入がある方や短期間に複数申込みしている方は審査が厳しくなるかもしれません。

在籍確認

ここまでくれば審査の最終段階。

在籍確認とは、申込み時に申告した勤務先で本当に働いているか確認するためのもので、職場に電話をして確認が行われます。アコムという社名は名乗らず、担当者個人名で電話がかけられます。

ですが、内緒でお金借りたいのにいくら個人名でも普段勤務先に電話がかからない人にかかってきたら、職場の人に怪しまれるんじゃないかと不安になりますよね。

そんな時は職場へ在籍確認の電話があることを事前に伝えておきましょう。その時に「アコム」からではなく、「クレジットカードに申込みしたから」という理由にしておけばアコムでお金を借りることはバレませんし、怪しまれる心配もありません。

また、在籍確認は申込者本人が電話口に出られなくてもOK!

「●●は本日お休みです」
「只今外出中です」

など、在籍していることさえ分かれば在籍確認は完了します。

在籍確認は審査の終盤で行われますので、ここまでくれば審査に通る可能性は十分高いといってもいいでしょう。

審査の連絡

アコムの審査連絡は電話、もしくはメールで届きます。

無事に審査通過したら、契約手続きを行いましょう。アコムの契約は来店不要のWEB契約も可能ですが、スピーディーな借入をしたい方は自動契約機での契約をおすすめします。

自動契約機なら契約後、その場でカード発行され併設されているアコムATMから即日借入が可能となります。

=========

以上が審査の流れになります。

アコムの審査対応時間は9時~21時までとなっています。土日祝日も平日と同じように審査が行われますので、休日でも即日融資が可能となっています。

21時以降に申込みされた方は翌営業日の審査になりますので、今日中にお金を借りたい方は早めに申込みすることをおすすめします。

 

アコムの仮審査【Q&A】

アコムの仮審査に通れば100%本審査も通りますか?

アコムはコンピューターを使って申込者の属性を数値化するスコアリング方法で仮審査を行っています。本審査は申込者が提出した必要書類や信用情報をもとに、申込み内容に不備や不一致などないか審査担当者が自分の目で確認するようになります。ですので、仮審査で提出する申込み内容に虚偽の申告をしていたり間違いがあれば、最悪本審査に通らないことがあります。仮審査に通ったからといって100%本審査に通ることはないことを覚えておきましょう。

————–

アコム仮審査ではどういう審査が行われるのですか?

アコムカードローンを利用する際、申込者情報、勤務先情報、居住情報を申告しなければいけません。このデータや信用情報機関に記録されている申込者の信用情報をもとに、コンピューターを使ったスコアリングシステムによる審査が行われます。仮審査はコンピューターでの自動審査となっていますので、非常にスピーディーに審査が行われ、スコアリングで数値化された合計点が審査基準以上あれば仮審査に通るというシステムになっています。

————–

アコムの審査にかかる時間はどれくらいですか?

アコムの審査は「仮審査」と「本審査」が行われ、最短30分審査が可能となっています。仮審査はコンピューターによる自動審査のため、とてもスピーディーに行われます。本審査は書類に不備などないか審査担当者が直接確認していきますので、信用情報や提出された書類と申告内容に不一致や不備がなければ、審査結果はスムーズに出されるでしょう。

 

アコムの審査の必要書類は?

アコムでは審査時に本人確認書類、必要に応じて収入証明書の提出が必要となります。

本人確認書類は以下のいずれか1つを提出して下さい。

●運転免許証
●健康保険証
●個人番号カード(マイナンバーカード)
●パスポート

※外国人の方は、特別永住者証明書または外国人登録証明書が必要となります。

本人確認書類に顔写真がないもの、または書類の住所と現住所が異なる場合は以下のいずれか1つも必要となります。

●住民票
●電気・ガス・水道・固定電話・NHKの領収証いずれか1つ
●納税証明書

※確認時に発行日または領収日から6ヶ月以内のものに限ります。

次に該当する方は収入証明書の提出も必要となります。

■アコムでの利用が50万円を超える契約を行う方
■他社を含めた借入総額が100万円を超える方

以下のいずれか1つを提出して下さい。

●源泉徴収票
●給与明細書(直近1ヵ月分)
●市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
●所得証明書(最新年度のもの)

 

アコムの仮審査と本審査の違いとは?

申込みする方の中で、仮審査に通ったから安心していたのに本審査に落ちてしまったという方もいます。

そこで、仮審査と本審査の違いについて解説いたします。

申込み時、申込者の本人情報・家族情報・勤務先情報・居住情報などの属性を申告します。

仮審査ではこの属性や信用情報機関に記録されている信用情報から、返済能力や信用度をコンピューターによって自動審査し、スコアリング(点数化)していきます。この点数が審査基準以上あれば仮審査に通過することができます。

仮審査が通ればいよいよ本審査。

本審査では、申込者が提出した本人確認書類・収入証明書、今までのローン記録が記録されている信用情報をもとに、申込み内容に相違点や記載の誤りなどないか審査担当者が直接確認するようになります。

仮審査はコンピューターによる自動審査、本審査は審査担当者が直接確認するという特徴があります。

仮審査と本審査で特別審査基準が違うというわけではありません。

仮審査で申告した内容にウソや間違いがないかの最終チェックが本審査で行われるというわけですね。ですので仮審査で審査に通ったとしても、申告内容に問題があれば本審査落とされるということになります。

 

アコムの審査にかかる時間は?

アコムは審査時間最短30分で完了、業界№1と言われるほど審査スピードに定評があり、即日融資にも対応しています。

ですが、実際には審査に1時間近くかかった人、それ以上待たされたという方もいます。

ではなぜそれほど審査にかかる時間が違ってくるのでしょう。

アコムから審査結果の連絡が遅くなる理由とは?

アコムの審査は「仮審査」を「本審査」がありますが、この2つの審査を合わせて最短30分となっています。ですが、それ以上審査に時間のかかる理由として以下のことが考えられます。

審査受付時間外に申込みをした

インターネット申込みは24時間受付けていますが、アコムの審査回答時間は9時~21時となっています。

この時間外に申込みした場合、審査回答は翌営業日以降になってしまいます。

即日融資を希望する方は、時間に余裕を持って申込みするようにしましょう。

混雑している時期や時間帯に申込みした

連休前や給料日前、平日の昼休みなどアコムへの申込みが多い傾向にあるようです。審査は申込み順に行われますので、混雑していればその分審査の待ち時間も長くなります。急ぎの方は早めの申込みをおすすめします。

在籍確認がとれない

アコムの審査では申込書に書かれた勤務先に本当に勤めているかの在籍確認が必ず行われますが、この在籍確認がスムーズにいかないと審査に時間がかかってしまいます。

在籍確認が行われる日に勤務先が営業しておらず、在籍確認が取れなければ、勤務先の翌営業日まで待たなくてはいけないということになり、審査結果が出るまで数日かかる場合もありますので覚えておきましょう。

他社借入件数や借入額が多い

他社借入件数や借入額が多いと返済能力を疑われ、審査が慎重に行われます。借入件数が多いと、「1社から少額しか借りられない人」というようにあまりいい印象を与えません。他社借入件数は多くても3社までにしておかないと、審査は厳しくなるでしょう。

また、アコムなどの消費者金融は貸金業法の総量規制の対象となるため、年収の1/3以上の借入はできないと決められています。

すでに年収の1/3以上の借入がある人は審査に時間がかかる前に審査落ちしてしまいますので、他社借入がある方はいくら借りているのかを自分で把握しておきましょう。

申込み内容にウソの申告や不備がある

申込み時、アコムの審査に通りたくて年収や他社借入状況などをゴマかして申告する人もいるようですが、提出書類と不一致があれば審査担当者が情報の確認をしたりするために、時間がかかってしまいます。

ウソの申告をしても審査をすれば絶対にバレます。

余計な時間がかかるだけでなく、最悪審査落ちしてしまう可能性もありますので、申込書は一度確認してから提出するようにしましょう。

x=x=x=x=x=x

すぐにお金が必要なのに、審査結果の連絡がなかなか来なければ不安になるでしょう。

上記のことに注意すれば最短30分審査が受けられる可能性も高くなりますので、覚えておいて下さいね。

アコムに今すぐ申し込みするなら

関連記事

  1. ローン審査がやさしい消費者金融は?
  2. アコムとアイフルはどっちがおすすめ?
  3. アコムのネット申し込みの方法は?審査の手順
  4. アコムとプロミスはどっちがおすすめ?【審査と金利がいいのは?】
  5. 自営業でも借りれるカードローンは?
  6. アコムで1万円借りるには?キャッシング利息はいくら?【返済方法】
  7. 審査通りやすいカードローンのおすすめは?
  8. アコムは土日でも即日融資可能?
  9. 審査が簡単なキャッシングはどこ?基準は甘い?【申込み手順は?】
  10. アコム初めて借りるときの限度額はいくら?

アコムの審査は緩い?即日融資方法と審査の流れ【24時間スマホ申込】 > よくある質問 > アコムの仮審査って何?申し込み方法と流れ【本審査に通るポイントは?】