マスターカードとアコムマスターカードの違いは?

マスターカードとアコムマスターカードの違いは何?

「マスターカードとアコムACマスターカードの違いは何ですか?」クレジットカードの仕組みでお悩みの方にまずは結論から。マスターカードとはクレジットカードの国際ブランドの名前です。これはあくまでもブランドの名前なのでマスターカードが直でサービスを提供することはありません。つまり「マスターカード」というクレジットカードは存在せず、それぞれの会社がマスターカードからブランドの権利を得てクレジットカードを発行します。ですからアコムが発行するマスターカードブランドのクレジットカードが「アコムACマスターカード」ということになり申し込みはアコムに行います。

お急ぎの方は>>アコム公式で申し込み

 

イメージ画像

マスターカードとはクレジットカードの国際ブランドのことを言います。

 

国際ブランドというのは世界のどこでも利用できるクレジットカードであるという証明のようなもので国際ブランドの付いたクレジットカードならどこに行ってもだいたい利用することができると考えてよいでしょう。

 

国際ブランドは7つあるとされていますが日本でよく見るのは、MasterCard・VISA・JCBの3つのブランドではないでしょうか。

 

MasterCard(マスターカード)はそんな国際ブランドの中でも世界シェア2位であり多くの方が利用していることがわかります。

 

そして国際ブランドという名前の通りマスターカードというのはブランド名であり「マスターカード」というクレジットカードが発行されているわけではありません。

 

実際は金融会社などがマスターカードやVISAのブランドを利用する権利を得てその会社独自のクレジットカードを発行するのです。

 

ですからアコムマスターカードは消費者金融のアコムが発行するマスターカードブランドのクレジットカードということになります。

 

同じマスターカードという名前が付いているので混乱しやすいかも知れませんがアコムマスターカードはマスターカードブランドの一つということになります。

 

もちろんアコムのACマスターカードは「マスターカード」ブランドのカードの一員ですから世界中でマスターカードとして安心して使えます。

 

マスターカードとアコムマスターカードの違いとはブランド名と実際に使うクレジットカードの名前の違いといえます。

 

ですからマスターカードブランドのクレジットカードは他にもたくさんあります。

 

そんな中でアコムマスターカードが人気になっている理由は、はじめてクレジットカードを作るという初心者の方でも作りやすく、審査のスピードも速いのですぐに作れるというメリットがあるからです。

 

特にクレジットカードの場合にはカードローンやキャッシングをしたことが無い人でも実は審査が通りにくいという難しさがあります。そういったことを考えると初めての一枚に最適なのです。

 

お急ぎの方は>>アコム公式で申し込み