アコムマスターカードの限度額はいくら?

アコムマスターカードの限度額はいくら?

「アコムマスターカードの限度額はいくら?」「アコムマスターカードのクレジット枠は増額できますか?」アコムマスターカードの増額でお悩みの方にまず結論からご紹介します。アコムマスターカードのクレジット限度額は10万円~300万円と決まっています。最低でも10万円から最高で300万円の限度額が設定されますが最初は10万円~20万円といった低額の限度額になることも多いようです。カードの利用と返済を問題なくすすめていけば増額の申請も行えます。限度額の増額の場合には新たに増額審査を受ける必要があるため注意が必要です。

お急ぎの方は>>アコム公式で申し込み

 

イメージ画像

アコムACマスターカードの利用限度額をアコムの公式サイトで詳しく見ると利用上限額として「以下のどちらか高いほうが利用上減額となります。」と書かれています。

  • カードローン契約極度額:最高800万円
  • クレジットご利用限度額:最高300万円

カードローンの利用限度額とクレジット利用の限度額が異なりますが利用合計の上限は800万円までとなっています。

 

クレジット利用の場合利用限度額は10万円~300万円。

 

通常のクレジットカードと限度額はそん色なく使うことができますがはじめて申し込んだときから上限の300万円に限度額が設定されることはほとんど無いと考えてください。

 

はじめてクレジットカードに申し込むとか、審査に不安があるという方の場合だとカードを作って最初に設定される限度額は最低限度の10万円~20万円になる場合もあると考えましょう。

 

また注意が必要な点としてアコムマスターカードの場合キャッシングの限度額との方がクレジット利用の限度額よりも多くなるのですが、例えばキャッシングの限度額が30万円、クレジット限度額が20万円のときにキャッシングで30万円の上限まで借りるとクレジット利用可能額はなくなります。

 

カードローンのキャッシングの枠内にクレジットの利用限度額があるということを頭に入れておきましょう。

 

また当初は限度額が低くても定期的にクレジット利用をしていくと利用可能額の増額もできるようになります。

 

アコムのほうから限度額を増額しませんかという誘いがある場合もありますし、必要であればあなたが増額を申し込むことも可能です。

 

お急ぎの方は>>アコム公式で申し込み

 

 

アコムマスターカードの増額方法は?

イメージ画像

ここではアコムマスターカードの増額の方法とメリット・デメリットについてご紹介します。

 

アコムマスターカードの契約極度額の増額とは利用限度額の枠自体を引き上げることをいいます。

 

例えばこれまでクレジット限度額が20万円だったところを50万円に増額することができれば、これまでよりも30万円分余計にクレジット利用やキャッシングができるようになるのです。

 

ただし、限度額を増額するためには新たに増額審査を受ける必要があります。

 

増額審査は、

  • 原則として申込み当日に回答
  • 申込み方法はスマホ・ATM・電話・自動契約機(むじんくん)・店頭
  • 土日祝日でも増額審査可能

という特徴がありますが、勤務先が最初の申し込みと異なる場合には在籍確認がもう一度あったり、収入証明の提出が必要になる場合もあります。

 

またあなたの利用状況や返済状況によって増額を希望しても希望通りにはならない場合もあるので注意が必要です。

 

少し難しい話になりますが、総量規制というものがあり消費者金融からローンを借りる場合には年収の3分の1までという決まりがあるため、他社借り入れがある場合などは特に注意しましょう。

 

お急ぎの方は>>アコム公式で申し込み

 

 

増額のメリット・デメリットは?

それではアコムマスターカードの限度額増額のメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まずメリットとしては、利用可能額が上がるため旅行やショッピングなどで余裕を持ったカードの使い方ができるという点です。

 

限度額が最低の10万円の場合、日常の利用ではそれほど問題は無いかもしれませんが旅行や家電など少し大きな買い物をするときに限度額に引っかかって使えないのは不便ですよね。

 

そんな心配をせずに利用できるというのが大きなメリットになるでしょう。

 

反対にデメリットとして考えられることとしてあるのが増額審査にかかわる問題です。

 

通常のクレジット利用やキャッシングをしてきちんと返済ができている人がもう少し便利に使いたいということで増額するのはまったく問題ありません。

 

しかし、キャッシングの利用限度額が来てしまったけれどもっと借りたいから増額を申し込みたい。こんなときには注意してください。

 

こういった理由で増額審査を申し込んだ場合、返済が滞りがちであったり、収入証明がきちんとできないといったときにアコムの基準に落ちてしまって増額ではなく減額になってしまう。利用制限がかかってしまいカードが使えなくなる。という可能性もあるのです。

 

増額審査は契約を見直すために行うため実はまったく新しくアコムマスターカードを申し込むのと同様の審査が行われます。

 

ですから、利用実績や返済実績が悪いと最悪の場合カードが使えなくなることがあります。この点にはしっかり注意が必要です。

 

増額の申し込みは余裕があるときだけ行いましょう。

 

お急ぎの方は>>アコム公式で申し込み

 

他社借り入れがある場合の利用限度額はどうなる?

イメージ画像

アコムマスターカードを一枚目のクレジットカードとして作る方でしたら問題はそれほど無いのですが他社のクレジットカードやカードローンを利用している、つまり他社借り入れがある場合申込みの時に注意が必要になります。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用していたり、消費者金融のカードローンを利用している場合は、その利用総額や件数がアコムマスターカードの増額審査の対象にもなるのです。

 

 

法律で決められている借入限度額

カードローンの利用総額は、借金が多くなって返済できない「多重債務者」の発生を防ぐために、法律でその上限が厳密に決められています。

 

これは、一つの会社から借り入れできる額ではなく、すべての消費者金融からの借入総額です。

 

個人の借入額や返済状況は、信用情報機関が管理しており、消費者金融は借り入れの申込みがあったら、その情報を照会し、申込者が既にいくら借りているか、必ず確認します。

 

その額は上でも書きましたが、「年収の3分の1まで」となっており、たとえば、年収300万円の人が借り入れできる額はトータルで90万円まで、となります。

 

借入件数にも要注意!

消費者金融では、他社からの借入額だけでなく、「何社から借り入れているか?」ということも審査項目に入れています。

 

すでに複数社から借入がある場合は、「お金に困っている人=返済能力が低い人」と見なされることが高く、審査に通る可能性は低くなります。

 

借金がある状態でアコムマスターカードを申し込む方はこういったことが問題になりますから、きちんと返済を行ってカードローンを解約する、返済が進んでから申し込むといったことが必要になります。

 

お急ぎの方は>>アコム公式で申し込み